お見合い結婚の離婚率が低い理由

toprogo

学校、職場、同じグループetc…にて恋愛に発展し、「別れる」「別れない」を繰り返し不安定な状態を乗り越え、大恋愛の末に結婚へ。。これが恋愛結婚だとしたら

最初にお会いして、お互いに結婚の意思が有りおつきあいが始まり、波風立てずに将来に向かって交際し、ゴールを目指す。。それがお見合い結婚

感情のコントロールが出来ないのが恋愛。

理知的に相手を見極めるのがお見合い。

結婚に繋げるには、この二つのメソッドしかありません。

どちらが離婚率高いと思われますか?

それは、恋愛結婚だと言われています

厚生労働省の統計では、2015年度の「婚姻率:6.8」「離婚率:1.77」

かなりざっくり、計算してみましたが、婚姻届けを出した100カップル中の約30カップルは離婚している事になります
もっと多いような気もするんだけどなぁ~

主な離婚の原因は、金銭的かつ経済的なもが多い様子です。離婚理由に、夫婦のすれちがい、性格の不一致を掲げる方が多いですが
これはお金の事で困り険悪になった婚姻生活を露呈しないようにする為です。

結婚相談所には経済的に安定している方が多いので、お見合い結婚は、結婚後、どんな生活、暮らしが出来るのかが具体的に想定できます。
相手に期待をしないという冷静な判断が交際中にできます。

これ大事よ~期待しないのって~

期待を裏切らないとはこの事です。
お見合い結婚の離婚率の低さは、付き合う前から安定、交際中も安定、成婚後も安定、これが答えです。結婚後も多少の誤差は出てきますが、お互いの歩み寄りで大概はカバーできます。

結婚=生活

生活の安定こそが離婚率の低さなのだと思います。

生涯設計は、頭はクールに心は熱く コールドフィーバー

本日もブログを読んでいただきありがとうございました。

topmain

マリッジ・バスケットは真剣に結婚をお考えの方を応援します。

マリッジ・バスケット 代表 宇田川 智美 (うだがわ ともみ)

メールm8akoakamyste81@gmail.com
携帯 080-2054-0205