都内で、千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木の女性とお見合いになった時の注意点

もし、都内のきらびやかなホテルのラウンジで千葉、埼玉、茨城、群馬、栃木県在住の乙女とお見合いになったら、

相手に聞かない方がよい事があります。それは、彼女達に何所に住んでいるんですか?と居住地域を聞く事です。

何故、住んでいる地名を聞かない方がいいのかと申しますと、

彼女達は、自分の居住地域を、おしゃれな格式高く、高級感があるホテルのラウンジで話したくないのです。

例えば(秩父や所沢を卑下している訳ではありません)秩父の奥や所沢の奥の方から、

出て来ている乙女達は、自分の住んでいる地域にコンプレックスを持っている場合がございます。

都内の、おしゃれで格式高く、高級感があるホテルのラウンジで、地元の地名を話す事がはずかしいのです。

折角、都内に出てきたのに、地元の話や田舎の話を根ほり葉ほり聞かれるのに抵抗感があるんです。

地方から都内へ出てくる方達は、とても意識が高く精一杯の背伸びをしているので田舎者とみられるのを嫌がります、

都内のホテルのラウンジでふるさとの話や地元の話は、案外、地雷を踏んでしまうのでご注意下さい。

しかし、男性というものは、相手女性が埼玉や千葉のどの地域に住んでいるのか、

とても気になるんです。距離などの物理的な事は、今後、お付き合いするのか、

どうするのかを決める指針にしたりするので。

昔、タモリさんは、都内にいる女性がどこから出て来ているのかを、

靴に泥が着いていたりしたら所沢の方、学生の頃、どの位の距離を自転車通学をしていたか?

で、地方出身者かどうか、辺境の地で暮らしていたのかをリサーチしていたそうです。

なるほど、うまい聞き方調べ方ですね。

マリッジ・バスケット

宇田川 智美