茨城・栃木・群馬・埼玉(奥地)千葉(奥地)に住んでる人は。

茨城、栃木、群馬、埼玉(奥地)、千葉(奥地)にお住いの方は、

自宅から、20km圏内にお住いの慈悲深く懐の深い方とのお付き合いをオススメします。

茨城、栃木、群馬、埼玉(奥地)、千葉(奥地)で活動している人がイマイチだからといって、

都内や神奈川(横浜、川崎)、埼玉、千葉(都内寄り)の方に申し込んでも、

申し込まれた側の人は、茨城、栃木、群馬、埼玉(奥地)、千葉(奥地)に住んでいて、

どうやって付き合うのかしら?と思われて遊び感覚でふざけている不真面目な人と捉えられてもおかしくありません。

たとえ、都会の方とお付き合いする事になっても、
現実的ではない交際は、田舎者をちょと相手して遊んでやるとか暇つぶし程度にしか扱われませんし、
いくら、通信手段や通信機器が発達したとはいえ、遠くて会えない相手と、
ラインのスタンプや、メールで、お互いを知り理解し合って心の距離を縮めるというのは、科学では証明出来ない超特殊能力がないと無理だと思うんです。

昨年、水戸市在住の男性会員2人が結婚したのですが、
二人とも、水戸市内や東海村に住んでいる方と結婚されました。
自宅から20km圏内で相手を見つけた無理のない「疲弊」「徒労」なしの理想的な活動です。
無理がないからスンナリまとまって今、幸せに暮らしているんです。

こういっちゃ難だけど、茨城、栃木、群馬、埼玉(奥地)、千葉(奥地)って都会の人からみると、
「僻地」扱いなんですよ。埼玉県の例を挙げると「大宮」から先は謎のベールに包まれた辺境の地としか思われてないんです。

そんな事、百も承知で都会の人に申し込みを続けてしまうのは、婚活が趣味化しているのだと思います。