結婚式挙げるならこのシーズンがベスト

結婚式を挙げるなら6月っていうのは定着しておりますが、
6月は、雨日が多いので天気を気にしないといけないので、
結婚式を挙げるなら、降水量の少ない10~11月がベストでしょうね。

昨日、マリッジ・バスケットで活動されて5月に成婚退会された元会員から、
「無事に結婚式と披露宴を挙げる事が出来ました」と連絡が入り二人を誇らしくなり、うるっとしちゃいました。
お相手の女性は、背が高くスラッとした美人なので、さぞかし婚礼衣装に身を包んだ彼女はとても美しかったでしょうね。

マリッジ・バスケットで成婚が決まる方々は、出逢ってトントン拍子に結婚が決まる方は決まるし、
出逢った当初は交際も順調だけど、些細な事で交際に暗雲が立ちこめて、イギリスのバンド、クィーンの「ボヘミアンラプソディ」の曲の様に、
途中から「ガリレオ、ガリレオ」みたいに転調して、突然「結婚することになりました!」なんて報告もあったり人それぞれですが、皆様、結婚が決まった当初は、
式や披露宴はしないで、両家顔合わせを兼ねた食事会のみで婚礼事は済まそうと思いますと仰います。しかしこれは少々控えめな考えに映り、せっかくのめでたい事なのに、
ちと盛り上がりに欠けるなぁという寂しい印象でした。

しかし、ぼんやりした結婚する喜びがひしひしと実感へ変っていく途中で、やはり、両親、親族、友人達に祝福されて、皆で歓びを共有したいという、
考えになるようです。結婚が決まったなら、謙虚さが美徳とされていますが、この時だけは許されるので堂々と周囲に思いっきり「私達幸せ」アピールしてみて下さい。
結婚というものは、二人が今まで努力した結果なので自分達を思いっきり肯定して、その日を一生の思い出にして下さい。

婚活中は、周囲にいた方々が「婚活応援団」だったのですから、感謝の意味も込めて皆様の祝福を、
遠慮なく受け取って下さい。そして、末永くお幸せになって下さいね。

この度は、ご結婚本当におめでとうございました。

マリッジ・バスケット

宇田川 智美