息子・娘の縁談が決まる時、必ずやり手母親の存在がある。

大学を卒業し、男ばかりの職場に就職をして10年。

仕事に自信を持ち経済的にも余裕が出てくるお年頃、

33歳が男にとっての結婚活動を始める「旬」となる。

今まで、女性には縁遠かった男性の場合、

他者による入会のススメがあったと思われる。
彼の背中をそっと押したのは母親であろう。

そして、計画通りに入会から1年以内に、人生の伴侶を見つけて結婚してしまう。

やはり、成功する婚活には、関係性の濃い人からの応援も必要である。

彼の母さんとは、面識がなく、連絡を取り合った事は一度もないが、

成功する受験、就活、婚活の陰には、やり手母親の存在があるとしみじみ思うのである。