困る「なにやったら儲かりますかね?」って質問

結婚相談所を営んでいると、

結婚活動をしたいのではなく、

結婚相談所を開業したいという人がたまにコンタクトをとってきます。

開業当時は、会員がいなくて有り余る時間をもてあましていたので、
開業したいとか言ってる人を相手にして、その方の考えている事や、
今までの経緯を伺っていたのですが、彼達に共通するのは必ず意識高い系であること。
団塊の世代ジュニア、就職氷河期世代の人、非正規雇用で職を転々として、30過ぎた頃に直面する、
賃金格差で労働意欲を失ってしまい、なんとかこれから人生巻き返したい人(-_-;)

開業理由に彼達が必ず口を揃えて「社会貢献をしたい」というのだが、
その胸中には「楽して儲けたい」の大義名分がひそんでいる。
私は、この手の話が苦手ですが、

話を聞いてる以上は、「何やったら儲かりますか?」と聞かれたら、
結婚相談所開業とかではなくて、「環境系」の仕事に就く事を真面目にオススメしています。
儲かる儲からないの話ではなく、環境系の仕事って食いっぱぐれがないんです。

こんな話をしても、勤めるとか汗水垂らして働くという考えが微塵もなく、
誰に仕込まれたのかは知らないけど、あくまでも開業とか起業という言葉に、、
微醺を帯びている人の心に響くことはないのですが、
「環境って何やったらいいんすっか?」と聞かれたら、無い知恵絞って、

資金が無いのであれば、
「まず、強力な磁力のある磁石と紐を用意して、磁石に紐つけて腰にまいて引きずって街を歩いて鉄くずを集める」

か、

「職安へ行って、リサイクル関連会社の求職表を貰う」と答えています。

さぞかし、夢いっぱい~で貴重な話が聞けると意気揚々と乗り込んだのに、
肩すかしをくらって、しょんぼりとする彼なのでした。

今現在は、開業とか起業とか言ってくる人はただ単にめんどくさいので受け付けておりません。
アポ無しで手土産もって、門の前に立たれても対応の仕様がないので、
申し訳ありませんが私の勉強や力不足の為、現在はお話を伺う事は出来ません。