会う前から解ってしまう~仲人の独り言~

仲人業をしていて自分なりに、入会する人・しない人を、
ある程度判断出来るようになっている。

【まず、次に該当する方は入会の見込みが高い】

・ファーストコンタクトはweb上のお問い合わせフォームから。
(よくHPを観て納得して問い合わせをしている証拠である)

・メールアドレスが長くない、自分の下の名前や誕生日を入れていない。
(多少、名前や誕生日はご愛敬だけど、メアドが長いのは神経が細かすぎる)

・ファーストコンタクトが電話の場合、声が怒り口調だったり、無愛想である。
(よくわからないところに電話している訳だからこうなって当然)

・初回説明会の時に、ありのままの等身大の普段着で来る。「宇田川は人を見た目で判断しない」
(服装が自然体なのは、自分を良く見せたい大きく見せたいと思っていない=自分に自信がある。
からかいや冷やかす人ほどスーツでビシッと決めてくる=やましい気持ちがあるのでしょう)

・ブログを読まない。
(結婚真剣度や覚悟を決めた方はHPの要所だけ観てブログは読まない。ブログ読んで共感してすぐに電話かけてくる人は話がしたいだけで結婚真剣度は低い)

上記に当てはまった方は、入会する意思が高い=結婚真剣度が高いので結果はどうであれ会う事が楽しくなる。

【逆に、下記に該当する方は入会する見込みが低い】

・ファーストコンタクトが電話である。
(HPの内容をよくみていない。スマフォの画面に出て来た電話マークをたまたまタップしただけ。人慣れした営業トークのような喋り口調である)

・ファーストコンタクトがwebからのお問い合わせだが、カネに関連したメッセージを送ってくる。

・メールアドレスが長すぎる。

・初回説明会にスーツを着てくる。又はおしゃれし過ぎである。

・ブログを読んでいる。

上記に当てはまった方は、入会する意思が低い=結婚真剣度が低いので会う前から気持ちがずーんと重たくなる。

仲人さんによって様々な考え方があると思うけど、
上記に書いた事は、仲人業を女一人でしていて、
結婚相談所を通じて、人との出会いに一喜一憂した、
中年女の独り言だと思って、どうかご容赦いただきたい。

マリッジ・バスケット

宇田川 智美