今までで、1番ヤバい子は彼女

今から一年前の話になるんですが「栃木市在住、31歳、Yさんという女性か」

「結婚相手を探したいので一度お話したいのですが」と連絡があり、
指定した小山の星野珈琲で彼女を待っていると、
「LCCのチェックインカウンターにいそうな中途半端感を醸しだしている子が現れた」
この手の女性は、かなりの「難アリ物件」なので注意が必要になる。

・ヤバい子の特徴その一、30分以上の遅刻をするが連絡も詫びもなし。

・ヤバい子の特徴その二、「誰もが振り返るような美人でもないし可愛くもない」髪型や身につけている服装からみると、
女優の北川景子風を意識しているが、よく見ると、元フィギュアスケーターの村主章枝にしか見えない。

・ヤバい子の特徴その三、まつげエクステが病的に盛られている。

・ヤバい子の特徴その四、学歴が専門学校卒。

・ヤバい子の特徴その五、仕事が調剤薬局の受付け事務(貧しい)

これは、何か企みがあると直感したので、
「何が狙い?何しに来たの?」と彼女に聞いてみると。

「今、他の「夫婦運営の相談所」で「サクラ」として活動しているのだけど「活動がイマイチでいい人がいないので」、
宇田川さんの相談所で「サクラ」として活動させてもらって「タダで宇田川さんの相談所にいる高学歴、高収入でいい男性」がいたら、
「紹介してもらって結婚したい」あと「将来結婚相談所を開業したい」ので「宇田川さんと一緒に宇田川さんの相談所を盛り上げて行きたい」
と話しておりました。

はぁ?「出直して来い」

こんな無礼で図々しい子は、めったにいないのですが、相手にするのもバカバカしいので、
「うちはサクラ営業など不埒な事は一切していない健全な相談所なのだよ、他、あたってくれる?」と言ってその場を去りましたが、
「彼女の飲み食い代」は「こちらが負担」しました。

マリッジ・バスケット
宇田川 智美