ノートルダム寺院が炎上

テレビのニュースを観ていたら、ノートルダム寺院の尖塔が焼け崩れ落ちる映像が目に入ってきました。

フランスには行った事はないけど、海外にいた時にフランスの方から聞いた話なんですが、

この場所って、東京の観光スポットに例えると島倉千代子の「東京だよおっかさん」に出てくる歌詞みたいな所なんです。

地方からパリに出て来た人は、田舎から親や兄弟をパリに呼び寄せた時って、

必ずノートルダム大聖堂を案内するんです。「お父さん、お母さんあれがノートルダムよ」って、

パリを案内するのが自立の国フランスの以外な親孝行なんです。

街の景観や古い建造物を非常に大事にするお国柄ですから、

ノートルダムが燃えちゃったってパリ市民はそうとう落胆していると思います。

修復には、20,30年かかるそうですから、火の始末はご用心ですね。