「独身の日」「いい皮膚の日」

昨日が、11月11日独身の日で、独身者に向けたセールで、
中国のネット通販サイトが軽く3兆円を売り上げるなんて凄いですね、
でも、既婚者でも商品は注文出来る訳で「独身」あやかりセールに便乗しちゃったなんて人、結構いそうですよね。

さて今日は、11月12日は語呂合わせで「いいひふ(皮膚)の日」。そこで某化粧品メーカーが、全国47都道府県の美肌ランキングを発表しました。  
今回が7回目となる「ニッポン美肌県グランプリ」で全国1位となったのは島根県です。日本海側の雨が多い季候が、日照時間の短さや空気中の水分量の増加につながり、
「肌の潤い」など3つの項目で首位となりました。

ちなみに今年のドベは、「群馬県」毎回「茨城」と最下位を毎年争っている訳で・・・
北関東は、冬は乾燥度が他県よりも高く、空っ風という冷たい風が吹くので肌が外的環境ダメージを受けやすく、肌のお手入れをおろそかにすると、
シワシワ~なんて事にもなるんだよね。ていうか、北関東の片田舎で暮らすと美意識が低下するのかもしれないね。
たまに、都内の恵比寿なんかの洒落た街へ行って、古河に帰ってきた途端に目に入ってくるのは、髪の毛が金髪プリンで赤ジャージ着た乙女、
だったりすると正直がっかりしてまう、茨城は、素材はいい人はいるのだけど、自分の美貌に気づいていない乙女も結構いたりするんだよね。
そんでもって、地元のヤンキー文化なんかに感化されちゃうと、せっかくの美人素材も台無しだよ。

ちなみに、全国ブスランキングでは、一位が東京で茨城は2位・・東京は、人口が多い分、ブス人口も多いって事だけど、
やっぱり、茨城は全体的にブスが多いってイメージの払拭は難しいね。
旧共産圏の東側の国が崩壊した時に、旧東側は美人が多くいるって事が世界中に知れ渡って、
世界美人ランキングなるものが覆って、美人が多い国第1位はアルメニア共和国になったのだけど。
美人研究家の話では、アルメニアにブスは、いないらしいがそうなるとブスの希少価値が高くなって反対にブスが美人になるんかいな。
まぁ、こんな感覚で、茨城には今まで知られていなかった魅力や美人が多くいるなんて噂が広がったら面白いんだけどね(笑)

マリッジ・バスケット

宇田川 智美