きゅうこんの日

本日は、求婚の日でありまーす。

大正時代に三重県にお住まいの40代バツイチ男性が、17歳~の方で貧富を気にしない女性を、

新聞に、嫁募集として掲載したのがはじまりです。そして、19歳の娘様とめでたく結婚したそうです。人生やったもん勝ちです!!

「私と、結婚して下さい」シンプルな言葉ですが、言われた本人は女性として最高の幸せですよ~♡♡♡

実は、プロポーズの言葉があったか、なかったかで離婚率にひびくそうですよ~勿論あったほうが離婚率は、低いです。

言葉に出来たと言う事は、「決意」の証で、優柔不断ではないって事ですよね?

DSC_1525


宇田川 智美


日本結婚相談所連盟