交際相手との距離を縮める方法(食事編)

お付き合いしている相手との知的(学歴)レベルが違いすぎたり、

お付き合いしている相手との家柄(資産)が違いすぎたり、

お付き合いしている相手との趣味が違いすぎたり造詣(美的感覚)が違いすぎたり、

した場合は、違和感があるため男女の距離は縮みにくいといえます。

相手と「離れがたい存在関係」になる為には、

相手に「安心感と安らぎを与える事」&「単純共感する」事をお薦めします。

何が、「安心感」「単純共感なのか?」

例えば、この場合「熱い」「寒い」といった体感感覚と、

「すっぴん」を相手に自分の弱み(眉毛半分ない)さらして自己開示(オープンハート)し、

熱々の料理を二人で食べるのが効果的かと思います。

~すっぴん~婚活独身乙女時代に旦那様にすっぴん見せたら、旦那様からは「眉毛半分ない」「面白い(笑)」と好評で旦那様に気に入ってもらえました~

<化粧した時>

<すっぴん時>

DSC_0475

<熱々の料理を提供する「すぎのや本陣」>

<料理は地獄絵図の釜のように熱い「みそ煮込みうどん」>

だまされたと思って実行してみて下さい。親密になれる事間違いナシ。

マリッジ・バスケット

宇田川 智美