自分の正義って怖い

最近、新聞やニュースで高齢者の方が、若いコンビニの女性店員や男性店員の方などをつきまとういわゆるストーカー行為をする事件があとをたちません。

気がついたら、ストーカーになっていたという方がほとんどで、「相手は自分に好意を持っている」と思い込み「自分の感情を止められなかった」と聞きます。

誰か、身近に「あんたのやっている事おかしいよ」と言ってくれる人がいればいいのですが、ストーカーは孤独で周囲からも孤立しているので気づきません。

親子ほど年の離れた若い異性を追い回す、警察の警告も聞き入れないで気持ちのコントロールが制御出来ないって、「自分のやっている事を正当化」しているし」「自分のしている事は絶対に正しい」

と思いこむ。「自分の正義が全て」になるって怖いですよね。

以前に、介護関連の講演会に足を運んだ時に、講師の方が「高齢者の恋」について熱弁をふるっていました。

最期をむかえるまで「男であり女である」高齢者にも性があるという内容でした。