合理、非合理な場所の使い方

男性会員からよく聞く話なのですが、
相手と食事をする場所を、2時間以上かけてネット検索やグルメ情報誌を見て探して、
コース料理でお肉がメインのとあるレストランを予約したんだそうな。

当日、待ち合わせをしてレストランに入ろうとしたら、「私、今ダイエット中なの・・・」
と言われてしまい、頭が真っ白になって、どうしたらいいかわからなくなり、
予約を入れてしまっているのでキャンセルする事も出来ず、とりあえず、そのレストランの席についたが

彼女は運ばれてきた料理を殆ど口にする事なく、会話も弾まないまま、その日の夕食が終わってしまった様子。
まだ、関係性が薄い方(コンビニ店員と客の関係のような)とのコース料理をご一緒するのは(約2時間)
時間の徒遣いになり、後で後悔する事が多いよ。

しかも彼女は「ダイエット」をするような体型でもなくどちらかというとスリムな体型、
男の人からすると、どこをダイエットするの?「頑張ってる自分」アピール??
と疑問を持たれ「面倒くさい人」だなと思われちゃうよ。

もし、彼女の口から「ダイエット」の話が出てきたり、あれはダメこれも食べれないと言われたら、
回転率のよい「回転寿司」に連れていくとよい。それでも女性は、「生ものはダメなの~」などいちゃもんを付けるので、
回転寿司には、洋食、麺、丼もある、イタリアンもある、「ダイエット」中ならフルーツ、サラダ類もあるよと、
言い返しが出来れば、男性に素直にしたがうよ。

それと、人間は、目の前をくるくる回っている寿司を見ると、
食欲が自然と湧いてくるので、食べたかったら食べればよし、回転寿司は、「自らの意志決定」で、相手に選択をさせて、
皿を取ったりタッチパネルで注文をするので、ダイエット中の彼女が皿を取ったらしめたもの、
「僕、あなたのダイエット」に関係ないからねと解決出来ちゃう合理的な場所なんです。

これとは反対に、食事を素直に「美味しい~」「こんな味覚初めて~」と喜ぶ女性は男性から好かれますので、
回転率のよくない非合理のコース料理や「回らない寿司」の席に招待して二人の時間を楽しんで親睦を深めましょうね。

面倒くさい場合=合理的な場所へ、
面倒くさくない場合=非合理的な場所へ、
と目安を決めれば、婚活ストレスも減るかもね。

宇田川は、相手と仲良くなりたいなら「お好み焼き屋」さんもお薦めします。
この際は、出来れば半個室が好ましく「もんじゃ」はNGとします。

食事は基本「たのしく、おいしく、くつろいで」頂きましょうね。