ブライダル豆知識(前のめり気味)

結婚相談所で運命の出逢いをしてお付き合いが佳境に入ると、新天地での生活話の他に、

二人の間で交わす会話はブライダル関連の話題もチラホラ出てくるので、ちょっと~ブライダル豆知識の紹介。

~結婚式のはじまり~

結婚式は、世界各国で古くから行われてきました。
日本では、今から約1300年前に発行された「古事記」に結婚式に関することが記載されています。
昔の結婚式は、宗教的な考え方や、新郎と新婦の両家に関するお家制度が根強~く現れていました。
そのなごりが現代の結婚式にも現れており、結婚指輪をはじめとする結婚式にまつわる物事に繋がっている。

~そもそも結婚指輪とは~~

結婚指輪を左手の薬指にすることに憧れている方は少なくない。
(最近では、独身の方も諸事情により左手薬指にリングをする人もいる・・・)

しかし、何故結婚指輪をするのでしょうか。
諸説あるけど、結婚指輪の始まりは古代ギリシャ時代と言われています。
古代ギリシャ時代では、心臓と薬指は1本の血管で繋がっていると考えられており、
左手の薬指が「愛の血管」と呼ばれていたみたい。
また、薬指は指輪の円が途切れないことから「永遠」を意味します。
その左手薬指に結婚指輪をすることで、永遠の愛を表わしたのです。

~指輪の交換~

結婚式では、新郎と新婦が永遠の愛を誓った後に結婚指輪を嵌める
交換の儀式が恒例となっているよね。
この交換にも諸説ありますが、一説にはローマ時代に、
相手から送られた指輪をする事は、約束を守る近いであったとされていた。
また、中世欧州では、新郎の一族と新婦の一族の繋がりを表わすために、
家紋の彫られた指輪を交換したと言われている。
そのことが現代に引き継がれ、お互いに結婚指輪を交換することで、
永遠の愛を守る近いを立て、一族のつながりを表わしたそうな。

宇田川夫婦の結婚指輪は、ピンクゴールドで鏡面仕上げ、鍛造加工「(たんぞう)とは、金属をたたく(鍛える)ことによって成型する加工法」
結婚指輪を買いに行った店の店員さんに「鍛造指輪は、とても頑丈で傷がつきにくく負荷をかけても割れにくいから、
これから、どんな事があっても長い人生を歩んで行かれるお二人にはピッタリじゃないかしら」と薦められて購入を決めた記憶があるなぁ。

今、市場(ハイブランドも含む)に流通している結婚指輪の98%は鋳造加工「(ちゅうぞう)とは、金属を溶かして型に流しこんで成型する加工法」
デザインは豊富でハイセンス、価格もお手頃だし、指輪の内側に誕生石を埋め込む事もできちゃうので年齢を問わず人気があるみたい。