2018年・漢・結婚出来るか

漢が汗水垂らして働いたお給料で趣味を楽しむ行為を否定はしていないという事を前提で伝えるね。

世の中の漢(独身)が、自分と同じ趣味の乙女(独身)と結婚したいなぁと願うのは健全な漢の証だけど、
相手と時間をご一緒している時に、自分の趣味の話ばかりをすると乙女を辟易させちゃう場合があるので、
初っぱなから、自分の趣味を相手に無理に押しつけるのは誤解を招くので細心の注意を払ってね。

例えば漢が、プロフィールの趣味の欄にゲームと書き込んであり、とある乙女とお見合いになったとする。
乙女の方から申し込まれた一寸おめでたくなっている漢は、きっと俺のプロフィールを見て申し込んだのだから、
ゲームが好きに決まっていると勝手に解釈をはじめちゃって、相手の事はお構いなしで自分の趣味を語り始める。

お見合いの席だけで、趣味の話が終わればいいのですが、その足で、ゲームのキャラクターをネット上で、
獲得出来て実在するスポットへ乙女を連れていく。勿論彼には「やましい気持ち」や「悪気はこれっぽっちもない」が、
「乙女と漢では体力、体格差」があり、乙女は、どんな小柄な漢でも「力では漢には勝てないから」
「断ると、何されるかわからない」という恐怖心理が働いて相手に無理して合わせてしまうのね。
その結果、怖い人とはお付き合い出来ないとなって、「お断り」又は「交際終了」にされちゃうの。

もしあなたが興味のない事、強いられたら嬉しいかな?
逆趣味の文化や芸能事に無理やり連れていかれて楽しいかな?
勝手なことして相手を不安にさせて幸せかな?

相手あっての結婚だから互いに思いやりを持ってね。

マリッジ・バスケットでは、異趣味の男女でも「どうしたら」
「結婚出来て」「うまく付き合っていけるのか?」を実体験を基に
お伝えしますので、お気軽にお問い合わせくださいね。